SOSハンドブック スマートフォン版 アプリケーション
ダウンロード使用許諾契約書

「使用許諾に同意します」=>アプリのダウンロード実行
使用許諾を拒否します」=>アプリのダウンロードをしないで、最初の画面に戻る

本契約は、実際に使われる方々(以下ユーザーとします)と日本聴覚障害者建築協会(以下AAJDとします)との間でのSOS ハンドブック スマートフォン版 アプリケーション(以下SOSスマホアプリ)の使用権の許諾に関する条件を定めるものです。

第1条(総則)
SOSスマホアプリは、日本国内外の著作権法並びに著作者の権利及びこれに隣接する権利に関する諸条約その他知的財産権に関する法令によって保護されています。SOSスマホアプリは、本契約の条件に従いAAJDからユーザーに対して使用許諾されるもので、SOSスマホアプリの著作権等の知的財産権はユーザーには移転いたしません。

第2条(SOSスマホアプリ)
本契約において「SOSスマホアプリ」とは、本契約に定める条件が適用される旨予め表示されてAAJDから提供される、聴覚障害者や日本語が不自由な在日外国人等が緊急時に用いることができる電子的形式でスマートフォン上のアプリケーションプログラムを指します。

第3条(使用権)
AAJDは、ユーザーが本契約に同意することを条件として、SOSスマホアプリの非独占的な使用権を当該ユーザーに許諾します。なお、SOSスマホアプリを事実上使用したユーザーは、本契約に同意したものとします。 本契約によって生ずるSOSスマホアプリの使用権とは、SOSスマホアプリをユーザーのスマートフォン上に ダウンロードして使用する権利をいいます。ユーザーは、SOSスマホアプリの全部又は一部を複製、複写することができます。しかしSOSスマホアプリの全部又は一部に対する修正、追加等の改変を禁止します。

第4条(権利の制限)
ユーザーは、SOSスマホアプリを営利目的で自ら使用し、又は第三者に使用させてはならないものとします。
またAAJD又は第三者の著作権等の権利を侵害する行為を行ってはならないものとします。

第5条(SOSスマホアプリの権利)
SOSスマホアプリに関する著作権等一切の権利は、AAJDに帰属するものとし、ユーザーはSOS スマホアプリに関して本契約に基づき許諾された使用権以外の権利を有しないものとします。

第6条(責任の範囲)
AAJDは、SOSスマホアプリに瑕疵(かし)、エラー、バグ等の不具合がないこと、又はSOSスマホアプリの使用がユーザー及び第三者に損害を与えないことを保証しません。なお、AAJDは、SOS スマホアプリのエラー、バグ等の不具合に対応するため、バージョンアップの提供方法につき自らの裁量により定める事が出来るものとします。またAAJDは、SOS スマホアプリ及びその利用が第三者の知的財産権を侵害していないことを保証いたしません。
AAJDは、SOSスマホアプリのダウンロード及び使用において、PC、ソフトウェア又はネットワークサービスが中断なく正常に作動すること及び将来に亘って正常に稼動することを保証いたしません。 ユーザーに対するAAJDの損害賠償責任は、当該損害がAAJDの故意又は重過失による場合を除きいかなる場合にも、その請求原因の如何にかかわらず何ら責を負いません。

第7条(著作権保護)
ユーザーは、SOSスマホアプリの使用に際し、日本国内外の著作権法並びに著作者の権利及びこれに隣接する権利に関する諸条約その他知的財産権に関する法令に従うものとします。
ユーザーは、SOSスマホアプリに表示され又は含まれている著作権表示等権利者としての表示に対して、変更、切除及び追加等することは禁止するものとします。
ユーザーは、ユーザーがAAJD又はAAJDの指定する第三者のサーバーに接続した際、
(A) SOSスマホアプリのセキュリティ機能の向上、エラーの修正、アップデート機能の向上等の目的でSOSスマホアプリが適宜自動的にアップデートされること、
(B) 当該SOSスマホアプリのアップデートに伴い、SOSスマホアプリの機能が追加、変更又は削除されることがあること、 及び
(C) アップデートされたSOSスマホアプリについても本SOS ハンドブック アプリケーション使用許諾契約書の各条項が適用されることに同意するものとします。

第8条(契約の解約)
AAJDは、ユーザーが本契約に定める条項に違反した場合、直ちに本契約を解約することができるものとします。当該事由により本契約が終了した場合、ユーザーは契約の終了した日から 2週間以内にSOSスマホアプリの全てを消去若しくは廃棄するか、又はAAJDに対して返還するものとします。
如何なる事由により本契約が終了した場合といえども、本条、第5条、第6条及び第8条の規定は有効に存続するものとします。ユーザーは、自らSOSスマホアプリを消去若しくは廃棄又はAADJに返却することにより、本契約を解除することができます。

第9条(その他)
本契約は、日本国法に準拠するものとします。
本契約は、消費者契約法を含む消費者保護法規に基づき,ユーザーの権利を不利益に導くものではありません。
本契約の一部条項が法令によって無効となった場合でも、当該条項は法令で有効と認められる範囲で継続して有効に存続するものとします。

以上